So-net無料ブログ作成
コラム ブログトップ

今夜はシチュー【動画ブログ】 [コラム]

先日、東京(都心)でも雪が降りましたね    小雪でしたけど今年初めての雪で興奮しました。
そして本当に寒くなってきました。仙台(平野部)出身者も仙台より寒いというぐらい。
いや本当に仙台より寒いかどうかは分かりませんが。。。

そんな日はシチューをたべて温まろう! ということで作ってみました。

続きを読む


2005-12-16 00:32  nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カメラのスペックって難しい? [コラム]

先日、動画機能についてスペックを参考に検証してみましたが、やっぱりこういう仕様の数値だけだと、いまいちわかりづらいことって多いですよね。デジタルカメラですと画素数が大きい=画質がよいと考えて、そこばかりに目がいってしまう人も多いかと思います。いろいろなデジタルカメラを使っているとわかるのですが、それ以外のスペックもいろいろと重要なんです。特にカメラ独特のスペックは、知っていると性能の判断材料が広がり、さらには撮影時の設定にも役に立つものなんです。

というわけで、今回はカメラ特有のスペックを、いくつか解説してみたいと思います。

まず、レンズ性能の指針になる“F値”から。
F値とは絞りの単位のことで、簡単に言うとレンズが通す光の量を示しています。数値が小さいほど明るいレンズだと思っていいでしょう。M2だと「F3.5-4.4」と表記されていますが、ズームをしない状態でF3.5、最大ズームでF4.4のF値が得られるレンズだということが読み取れます。
実は、ズームレンズはズームできないレンズに比べて暗いものが多いのです。モノによっては非ズーム時でもF5程度、最大望遠にしてしまうとF12まで暗くなる、なんてのもあるのですが、M2のレンズは光学3倍ズームながら、なかなか明るいレンズなんじゃないかなと思います。*1
口径が小さめのレンズながら、最大光学ズーム時にF4.4はがんばっているのではないかなと思います。

次のポイントは“シャッター速度”
この数値は、読んで時のごとく、シャッターを切るスピードを示しています。「1/8〜1/1,000秒」なんて書き方をされますね。シャッター速度は速いほど動きを止めて撮影することができ、遅くすればブレを利用した動きのある画を撮影することができるというのが一般的な解説です。
使い勝手で考えると、シャッター速度が速いほうが手ブレを抑えることができ、シャッター速度が遅い方が明るい画を撮ることができます。例えば運動会の撮影などはシャッター速度を速くして一瞬を切り取り、夜景の撮影などではシャッター速度を遅くして明るく撮影する、といった使い分け方をされることが多いようです。

最後に“ISO感度”
これはフィルムカメラなら、フィルムの感度のことです。デジタルカメラでは「ISO 100/200/400相当」なんて書き方をされるのですが、数値が大きいほど高感度、つまり暗いところでも撮影できるとわけです。フィルムカメラでは、フィルムを変えなければ変えることができないISO感度を、設定で自由に変更できるのはデジタルカメラのいいところですね。
ただ、ISO感度は高くなると、画像にノイズが発生しやすくなってしまいます。

ISO感度 100

          ↓


 

ISO感度 200

          ↓

 

ISO感度 400

          ↓

写真はイメージですが、こんな感じに明るくはなるんですが、画が荒れてきてしまうんですね。画質を重視するか、明るさを重視するか、なかなか判断が難しいところです。

やっぱりなんだか難しい、撮影するときにこんなこといちいち考えていられない、なんて人も多いと思いますが、M2にはシーンセレクション機能が付いています。この機能は「夜景」、「打ち上げ花火」、「ビーチ」など9種類の設定がプリセットされており、それぞれに適した設定を自動でしてくれます。こうした機能も活用したいところですね。
また、買い換えを考えている人は、手持ちのカメラとM2のスペックを比較してみるのも面白いのではないでしょうか。(犬楠)

*1 9/23 俺日記.NETの妖介さんのご指摘どおり、フィルムコンパクトカメラのズームレンズと混同していました。(犬楠)


2005-09-23 12:08  nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アナタは携帯派? M2派? [コラム]

携帯電話に似たスタイルのM2。どーしてもケータイ電話とどう違うか気になりますよね。「最近の携帯は写真も動画も撮れるから、それでいいじゃん」と考えている人もいると思いますが、やっぱり動画撮るなら専門の機械の方がアドバンテージが大きいわけです。では、そのアドバンテージはどれぐらいあるのか? スペックからM2と携帯の動画機能比較してみよう。今日はそんなお話です。

さてさて、まずはM2のスペックを見てみると、
・最大解像度640×480
・最大30fps
と書かれています。

最大解像度とは、縦横の画面サイズです。M2は横640ドット、縦480ドットの動画が撮れるわけですね。この数値が大きい方が、大きな画面で鮮明な画像を表示できると考えて良いでしょう。

最大fpsとはFrame per second(フレーム・パー・セカンド)値のこと。これは一秒間に何コマの画像を記録できるかという数値で、M2では1秒間に30コマの画像の動画を撮影できるというわけです。この数値が大きいほど、なめらかな動画が撮れると考えることができます。

ちなみに、普段私たちが見ているテレビ(アナログ地上波)の画像は、400×300程度、29.97fpsとなっています(実際には映像を表示する仕組みが違うので諸説ありますが…)。撮影した動画をテレビに映すなら、M2は十分な性能を持っているってことになりますね。

一方、携帯電話で撮影ができる動画は
・解像度は128×96〜320×240
・最大15fps
ぐらいが一般的です。

画面サイズは2倍以上(面積比では4倍以上)、fpsも2倍ですね。この違いは、実際に再生してみれば一目瞭然。鮮明さと動きのなめらかさの違いが分かると思います。

うーん、数値のみの比較では、違いを感じてもらうのはなかなか難しいかな。この話題は動画ブログ機能が使えるようになったら、実際の動画で比較してみたいところですね。(犬楠)


2005-09-20 09:29  nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コラム ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。